2020.09.15

韓国の人中短縮整形はメリットだらけ? 日本との値段比較と安心できるおすすめクリニック


人中短縮手術はご存知ですか?

人中を短縮するだけで、顔がキュっと引き締まって見える魔法の手術…?

韓国でも人気の人中短縮について解説します。

人中短縮とはどんな手術?

人中は鼻と上唇の間の事(図1)を示します。

この鼻の下の皮膚を切除、縫合し、鼻と口の間の距離を縮めることにより、
顔が引き締まり、小顔に見える効果があります。

(図の鼻の下赤い線の部分が切開、縫合部分)

どの程度皮膚を切除するかは患者の状態にもよりますが、
人中の理想の長さは【人中:顎の長さ=1:2】が黄金比率とされ、
人中の長さの平均が約1.5mmと言われています。

このバランスが崩れ、人中が比較的長い場合、顔がのっぺりして見えたり、面長な印象を与えます。

人中短縮はこんな悩みを解決できる

・鼻の下が長い
・人中が長いことで顔が面長に見える
・顔ののっぺりした印象を変えたい
・間延びした印象を変えたい
・なんだか老けて見える印象を変えたい
・薄い上唇を拡大

 

人中短縮のダウンタイムの長さは?

ダウンタイムは一週~二週間ほど、
主に出る症状として、痛み、腫れ、あざなどです。

また切開し縫っていく、手術になるので、1週間後の抜糸が必要なのと、
抜糸後も傷跡が1ヶ月~3カ月程度、赤みが出ますが、徐々に改善します。

痛みは?傷跡は残る?

手術中の痛みは麻酔を行っていくため感じませんが、術後から3日間ほどは激しく、腫れが出たりする場合があります。 

ただ、病院で処方された痛み止めを飲めば、それほど痛みを感じることはありません。

気になる傷跡ですが、やはり、切開し縫う手術なので、傷跡になるリスクがないとは言い切れません。

個人差はありますが、抜糸後1ヶ月から3ヶ月程度、赤みが出やすくなったり、

場合によってはケロイドになったりする場合があります。

また傷跡が時間の経過とともに目立たなくなることはありますが、少し硬さが出たりと完全に見えなくなるわけではないので、

傷跡のリスクもしっかり考えた上、手術する事をオススメします。

失敗したらどうなる?危険性は?失敗した後の対処法は?

どの整形手術についてもいえるのが失敗しない保証がないということです。

さて人中短縮にはどんなデメリットがあるのでしょうか?

デメリット

・人中を短くしすぎてしまうと逆に顔のバランスが崩れてしまう。
・人中を短くしすぎるとテンションがかかりすぎ口や鼻の形に影響がでる
・術後鼻周り、口周りのしびれや違和感を感じることがある
・傷跡が残りやすい

こんな方にはオススメしない人中短縮

・ガミースマイルの方(笑った時に上の歯茎が見えやすい方)
・もともと人中が短いかた
・傷跡を絶対に残したくない方

特に人中短縮は皮膚を切除してしまうため、一度切除してしまった人中は元に戻すことは難しくなります。

加齢とともに少しずつ人中が伸びることはありますが、手術を受ける前に医師としっかり相談を重ね、リスク、デメリットを理解した上で受けましょう。

また手術の結果が失敗につながらないよう、術後の自身のケア(傷口を刺激しない、処方された抗生剤等はしっかり病院の指示に従い飲む、抜糸の期間を守る、たばこ、お酒を避ける等)をしっかり行うだけでも、術後の経過に影響が出るので、怠らないようにしましょう。

人中短縮の日本と韓国の違いは?

日本で行う人中短縮と韓国で行う人中短縮に違いはあるのでしょうか?

日本、韓国とも共通して鼻の下を切開する方法が基本で手術方法特に大きな違いはないように見られますが、韓国の人中短縮は、鼻下切開法の他にも、上唇切開法という方法もあります。

上唇切開法とは鼻下切開法と違い、上唇のラインに沿って切開し、皮膚を除去していく方法です。

(図の赤い線が切開、縫合部分)

この方法は、鼻の下を切開する方法に比べ、傷跡が残りにくく、特に上唇が薄く、厚くしたいとういう方にはおすすめの方法といわれています。
ただ、その分口周りには筋肉や神経がたくさん集まっているため、鼻の下の切開に比べ、大幅に人中を短縮することは難しいようです。

自分にはどんな方法があっているのか、何を一番改善したかを担当医にしっかり相談しましょう。

韓国は日本より安い?

日本、韓国とも症例が多く、人気のクリニックをご紹介するとともに
価格の比較もしてみます。

日本のクリニック

★TAクリニック
人中短縮 価格530,000円
こちらのクリニックでは傷跡を目立たなくするため、
切開範囲を鼻孔底側にすることでちょうど縫い目が鼻の陰に隠れるよう工夫し、TA独自の手術方法で行われているようです。
実際にこちらで受けた方も抜糸後傷が思ったより目だたず満足しているという声が見受けられました。

★新宿ラクルクリニック
人中短縮 価格:280,000円

こちらのクリニックの魅力は縫合する際、真皮と表皮の2層をしっかり縫うことで、傷が綺麗に消え仕上がりのクオリティーをあげているのだとか。実際にこちらで人中を受けた方の口コミを見てみると、カウンセリングから丁寧で安心した、すっぴんでも傷跡が目立たず、自然なのに変化をしっかり感じられた、などの声が寄せられているようです!
更にこちらでは人中短縮のモニター価格も用意されているので、写真提供OKで少しでもお安く受けたい方にはおすすめです。

★オザキクリニック
人中短縮 価格:277,800円

オザキクリニックではお客さんの一人一人の顔立ちに合わせ、鼻下の一番目立ちにくい部分に沿って切開することで傷跡が目立ちにくくなるように丁寧に縫合。さらに人中を短くしすぎでしまっても顔のバランスが崩れてしまうので、お客様とのカウンセリング、デザインを重要としバランスを整えてくれるのが魅力です。
カウンセリングやデザインを重視しているとのこともあり、カウンセラーやドクターのカウンセリングも丁寧で無理な手術を進めることなく
お客様のご要望をしっかり聞いてくれたと人気のクリニックです!

実際に症例も綺麗で、症例写真を見て問い合わせをするお客様も多いのだとか。

韓国のクリニック

★エイペックス美容外科
人中短縮 価格:1,320,000ウォン

こちらのクリニックは人中に関わらず縫合がうまいとの口コミが多く、特に人中短縮は傷跡にもなりやすいといわれているため、縫合が得意なエイペックスで手術を受ける方が多いのだとか。
また韓国の他のクリニックと違う点が、定期的に院長先生が日本でも治療を実際に行っている為、韓国に行かなくても日本で韓国の整形技術を受けれるんです!
実際に整形を行う時期は、クリニックから事前に発表されるため日本で韓国の人中手術を受けたい方は是非チェックしてみてください。
★グリム整形外科

人中短縮 価格:5,000,000ウォン

こちらのクリニックは先ほどご紹介したクリニックに比べ少しお値段が高いですが
人中短縮について調べる中で一番人中短縮術を得意とする病院なのではないのかなと感じた病院です。
症例写真も他のクリニックに比べ一段と多く、さらに鼻下切開術だけでなく、
上唇切開法もこちらの病院では行っているようです。

そしてやはり症例が多いだけあり自分の顔に合った人中のデザイン、術後の経過も傷跡が目立ちにくく綺麗な症例が多いと人気なようです!

★ライク整形外科
人中短縮 価格:2,640,000ウォン

こちらのクリニックでは、お客様の顔のバランスだけでなく鼻の構造に合わせ、切開方法を変えて手術を行っています。

例えば鼻の底面が高い場合は、高くなっている下側を切開、鼻の底面が平らな場合は、鼻の内側を切開し手術を進めます。

顔のバランスだけでなく、鼻の構造によって自身の鼻の構造によって切開法が変わってくるので、術後の傷跡も目立ちにくくなるのだそう!

人間それぞれ顔の構造や高さ、厚さが変わってくるのでそれに合わせて手術をしてくれるのはとても安心できますよね。

 

韓国、日本を比較してみましたが、それぞれ病院の独自の切開法や、縫い方があるようで、
その技術によってお値段も変わってくるようです。
一概にも韓国の方が価格や安いとは言い切れず、日本、韓国関係なくクリニックによって価格の差があります。

やはり人中短縮の手術方法が基本同じだといっても病院によって違う点もあるので、

しっかりカウンセリングや症例写真をみて、自分の理想に近づけるクリニック選びが最も重要になります。

 

韓国美容整形について無料相談はこちら