2020.10.01

ストレートアイロンで完成!簡単、こなれ感のあるウェーブ巻きの作り方♡


みなさんこんにちは~!

今回は、ストレートアイロンでできる簡単ウェーブヘアを紹介します。
さらさらストレートヘアの韓国美容系YouTuberが、あっという間にこなれウェーブヘアに!

気分によってすぐイメチェン完了できちゃいます。

今回はヒッピーパーマ風アレンジですので、みなさんもチャレンジしてみてくださいね。

 

アイロンをかける前の下準備

まずは、髪の毛をよく乾かしていきます。
髪の内側までしっかり乾かしてくださいね。
よく乾いたら髪の毛をざっくり半分に分けていきます。
これでアイロン前の準備完了です!

 

ストレートアイロンで簡単ウェーブヘア

いよいよここからストレートアイロンが登場します!
ざっくりと半分に分けた髪の毛を少しずつ巻いていきます。

 

巻く順番はコチラです!

 

①奥側の下

 縦に分けるより、横に少しずつ分けるイメージです。

 根元のあたりから、まずは外に巻きます。

 1回アイロンを当てて熱を加えたら、アイロンを外して手で髪の毛を持ったまま少し冷します。

 次は内側に巻きます。

 外巻きと同じように、熱を加えたらまた手で持ったまま少し冷します。

 これを毛先の方まで繰り返していきましょう!

 最後に外巻きをもう一度巻きます。

 

②下側

 後頭部側の下の髪の毛(内側)を取り、巻いていきます。

 外巻きからスタートして下さいね。

 外に巻く → 冷ます → 内に巻く → 冷ます

 このルールを覚えておいてくださいね!

 

③後ろの髪

 耳の位置で髪の毛を取って分けます。

 頭の上の部分も同様に巻きますよ。

 上に向かって巻く → 固定する → 下に向かって巻く → 固定する

 これを繰り返し、毛先までやっていきます。

 

耳の位置を基準にして、前後で髪の毛を分けていくそうです!

 

カールの一つひとつが大きくなると波のようになってしまうので、カールを細かく作っていきます。

 

④耳の位置、後ろ側

 根元は巻くことが難しいので、うまくウェーブができなくても気にしなくて大丈夫です。

 根元にボリュームが無い方は毛束をすべて巻いたあとに根元をもう一度巻いて下さい。

 次に、外巻きをもう一度繰り返して下さい。

 

アイロンで熱を加えたあとは、しっかり冷ますことが大事です!

 

⑤耳の位置、前側

 前側の上部分の毛束から横に少し分けたところから始めます。

 少し上に持ち上げて、外巻きからやっていきます。

 

ヒッピーパーマ風の時に髪の毛を完全に乾かさないといけない理由は、カールがしっかりついているのが魅力のヘアスタイルだからです。

完全に乾いた状態からやっていくとよりかわいく仕上がるそうですよ。

 

アイロンをかけた時、毛先は冷さなくてもカールがつきます。

 

⑥前髪

 前髪はとても重要です!

 後ろの髪の毛を同じように分けて、上から熱を加えていきます。

 一番上の髪の毛を少し取って、上に向けてカールをつけたあとに冷まします。

 向きがおかしくならないように注意しながら巻いてください!

 変なかたちになってしまうかもしれませんので、注意して下さいね。

 

⑦根元のボリュームをアップ

 1中央部分の前髪を真上に持ち上げ、アイロンでボリュームを出していきます。

 毛束ごとに巻いていくので、表面の毛束がいちばん自然に見えるようにします。

 一番上の部分はカールが付きにくいので、後ろ側の髪の毛の上側を取ってまたカールします。

 

⑧ツヤ出しスプレーをする

 このスプレーはマットな感じが出るタイプで、持続力をアップします。

 スプレーする時は、髪の毛の内側から始めます。

 前髪周辺にスプレーする時は反対の手で顔を隠してからスプレーしてください。

 スプレーした直後はツヤ感がありますが、時間が経つとマットな感じで固定されます。

 

ここまでで半分が終わりました。

もう半分もこれまでと同じ手順で巻いてみてくださいね!

 

最後に手でほぐしてあげると自然な感じのパーマになります。

 

いかがでしたでしょうか~!?

ストレートアイロンなら持ってるけど、わざわざ新しいのを買うまでは……
という方、この動画を参考にぜひチャレンジしてみてください!