2020.09.18

韓国美容外科スタッフが暴露!整形カウンセリングの流れやLINEのコツを徹底解説!

#整形カウンセリング

 

今回は、韓国で受けるカウンセリングについて、実際に韓国のクリニックで働き、日本人通訳として日本のお客様をお手伝いしていた経験を活かし、皆が気になるカウンセリングのあれこれにお答えしていきたいと思います。

こんなLINEの問い合わせは嫌だった…というぶっちゃけ話もしちゃいます。

 

整形カウンセリングの重要性

そもそもなぜカウンセリングを受ける必要があるのか、中には1つの整形をするにあたり何件もクリニックを巡る方もいると聞きますが、なぜわざわざ時間をかけ、カウンセリングを受けるのでしょうか?

 

カウンセリングを受ける必要として、まず一つが整形の失敗を防ぐためです。

例えば皆さん風邪を引いてお薬を病院からもらう際に病院にいき、すぐ薬を処方してくれるわけではなく、担当の先生にこんな症状があると伝えてから症状に合わせてお薬を処方してくれますよね?

整形のカウンセリングも同じようなもので、その人にどんな手術があっているのか、この手術をすることで、その人の理想に近づけられるのかをしっかり医師と相談する場なのです。

さらに自分のここを改善したくて、こんな風になりたいと、医師にしっかり自分の意思を伝えられる場でもあるので、カウンセリングで手術の結果に違いが出ることも十分にあります。

またカウンセリングでカウンセラーや担当医と会話をすることで、その病院の雰囲気や自分との相性を図れる重要な時間にもなります。

整形カウンセリングはLINEで申し込み

カウンセリングの申請方法は、自分が行きたい病院のLINEに連絡し、カウンセリングを受けたいと伝え、予約を取るだけ!

今は日本語通訳が在籍しているクリニックが多いですが、いない場合もあるのでしっかり確認し、いない場合は通訳の方を探しておきましょう。

また、カウンセリング後そのまま手術を希望する場合は、その意思を事前に病院側に伝えれば、病院側がカウンセリングと手術可能日を提案してくれると思うので、日程を合わせて予約をするだけ。

LINEがなかったり、HPが韓国語だけだったりすることもあります。

また、いちいち複数のクリニックのLINEを探すのもめんどくさい!

という方は、カンナムドールが全部請負いますので、丸投げしていただいて構いません。

 

カウンセリングの流れ

手術を受けたい病院に事前に連絡し、カウンセリングの予約を取る。この際、どの部位のカウンセリングを受けたいのかを予約の時点で伝えておく。

(初めまして、カウンセリングの予約をとりたいのですが、といえば、クリニックが必要項目を教えてくれます)

予約した日時に病院に来院

カウンセリングシートの記入

カウンセリング室に案内され移動

まずはカウンセラーとのカウンセリング

(これは病院によるとは思いますが、先にカウンセラーとのカウンセリングで大体の理想を伝え、軽くカウンセリングを受けてから担当医と細かいカウンセリングに移る場合があります。また病院によってはすぐ担当医とのカウンセリングになる場合も)

担当医とカウンセリング

その場で気に入れば手術の日程の予約や、予約金の支払い、手術当日の注意事項等の案内。

手術を検討したい場合はその旨を伝え帰宅。

 

といった流れになります!

 

カウンセリングを受けてから手術をすぐ受けれる?

こちらもよくある質問ですが、カウンセリングを予約する際に、そのまま手術を希望することを必ず伝え、

手術を受ける場合の時間を含めて予約すれば、そのまま手術を受けることは可能です。

特に日本のお客様は旅行ついでに整形という方が多く、あまり時間がない為、カウンセリング後、気に入ればそのまま手術を受けるという方も多くみられます。

 

ですが、カウンセリング後すぐ手術を希望する場合、手術前の注意事項があり、全身麻酔や睡眠麻酔が必要な手術を受けるとなると、手術前必ず前日から絶食をしなければならない、普段飲んでいるお薬を飲んではいけない等の注意事項がある為、その病院の指示に従い、手術を受けれる状態で病院に向かいましょう。

うっかり手術前の準備ができていなく、その日の手術を断られてしまうケースもあるので

事前に手術を希望する方は病院とのやり取りが大切になってきます。

 

カウンセリング巡りって絶対した方がいい?

よくカウンセリングの為だけに韓国に渡韓し、クリニック巡りをしている日本の方を見かけます。

これに関して私個人の意見にはなりますが、よく整形について詳しくない方や、こだわりがあるという方は絶対ではないですが、できるだけカウンセリング周りをするといいのではないかと思います。

なぜかというと、二重整形一つにしても、病院によっては進めてくる手術内容や方法が変わってきたり、

医師と直接コミュニケーションをとることで自分の譲れないこだわりに気付くことがあり、

そのこだわりを叶えてくれる病院に巡り合える可能性が高くなります。

更にカウンセリング周りをすることで、いろんな意見を聞くことができ勉強にもなります。

やはり整形は何度も再手術を受けるより、1回で済ましたいですよね。

 

その為にも自分の理想に最も近づけてくれる病院を選び抜くためにも、いくつか病院のカウンセリングを受けることで選択肢が増えていいのではないかなと思います。

 

 

カウンセリング時、準備した方がいいものってある?

必ず準備しなくてはいけないというものは特にありませんが、これがあるとカウンセリングしやすいというものがあります。

それはなりたい理想の絵や写真です。

自分のなりたい理想を言葉でこと細かく説明することは思ったより難しく、自分自身でもどんな手術を受けたらいいのか分からず、とりあえずカウンセリングに来る方が多く見られます。

どうなりたいのか、理想の写真や絵があればカウンセリングする側もイメージがしやすく、

理想に近づけるために必要な手術の提案もしやすくなります。

 

過去になりたい顔の写真を何枚か1枚の紙にまとめ、

理想の形、理想的ではない(こうなりたくない)といった写真をプリントして

カウンセリング時に提示してくださった方がいたのですが、

通訳する私もとても分かりやすくお客様がどうなりたいのかを医師に伝える際、とても伝えやすかったのを覚えています。

そのお客様は自分の意見を言葉でうまく伝えるのが苦手で写真で伝えられるように作ってきて下さったそうです。

この方のように言葉でうまく伝える自信がない方は事前に理想の図や写真を探しておくといいのではないかと思います。

 

カウンセリングでクリニックを見分けるポイント

病院の雰囲気や医師との相性は自分のフィーリング的な部分もあると思いますが、

これをカウンセリング時に聞いておくと見分けやすいのではないかなといった点を分かりやすくまとめてみました。

  • 自分の意見をちゃんと聞き入れてくれるか

医師やカウンセラーの一方的な意見で自身の意見を聞き入れてもられない場合、理想に近づくのは難しくなってしまうため。

  • 自身が望んでいない手術を無理に進めてこないか、不必要な手術を進めてこないか

お客様の為に進めるのではなく病院の売り上げの為に断ってもしつこく勧誘する場合は要注意です。

  • その手術を受けることによって起こりえるリスクの説明をしてくれるか

リスクのない手術はありません。小さなリスクでも説明があるかないか重要な点になってきます。

  • アフター管理をしっかりしてくれるか

手術して終わりではなく、アフター管理までしっかりしてくれるのか、何か問題が起きた時すぐ対応できる状態なのか。

  • 何が得意なのか

医師も一人の人間なので、手術によっては得意不得意があります。目の症例が綺麗だから鼻の手術もうまいとは限らないということです。

 

この6点は基本的なようなことに感じますが手術をするにあたりとても重要になってきます。

今後、韓国でのカウンセリングをお考えの方は是非参考にしてみてください!

 

LINEのやりとり、スムーズにするには?

LINEのやりとりで進みやすいのは、
「過去に受けた手術歴をきちんと伝えてくれること」です。

手術するにあたり、過去の手術歴が重要になるのですが、事前に伝えて欲しいと言っても、言わない人がいらっしゃいました。手術方法も変わってくるので、絶対に嘘はつかないほうがいいでしょう。

また、旅行で来られている方の中には、スケジュールが詰まっている方がいるかと思います、そういう方は前もって、出たい時間を伝えてくれると助かります。

日本のクリニックでカウンセリングするより、通訳を挟むため時間がかかりますし、来院してから何時までに出たいとギリギリな時間をいわれると、十分な接客が難しくなってしまいます。

 

LINEでの問い合わせで困ったのは、ここだけの話、整形について細かい用語などを調べて欲しいとか、
機械名を詳細に聞いてくるとか、は、ぶっちゃけ困りました。

他にも、お問い合わせからの無視はけっこうありますが、
事細かく、カウンセリング内容を長文でお返事して、既読スルーをされると、ちょっと悲しい気持ちになったりします…。

最後に、よくいらっしゃるのは、肌管理系の手術で、「効果がなかった!」とクレームを言ってこられる方…。

肌管理系は、定期的に受ける事で、効果が出始めますので、、一回の施術に期待しすぎるとあまり良くありません。

 

日本でも受けれる韓国のカウンセリング会

実はコロナが広がる前は、韓国の病院が日本に出張カウンセリング会というものを開催している病院が多く、ぜひご紹介したかったのですが、今このような状況でカウンセリング会の開催を中断しているクリニックが多いため、今回はお家からでも韓国のカウンセリングを受けれる、LINE写真カウンセリング、テレビ電話カウンセリングを行っているクリニックをいくつかご紹介します。

ライン写真カウンセリング:病院の公式LINEに自身の写真を送りカウンセリングしてもらうこと

テレビ電話カウンセリング:医師とテレビ電話でカウンセリングを受けること

 

★ウォンジン整形外科

・LINE写真カウンセリング受付中

・テレビ電話カウンセリング ※開催日がきまっているため直接お問い合わせください

★ジュエリー整形外科

・LINE写真カウンセリング受付中

・テレビ電話カウンセリング ※開催日がきまっているため直接お問い合わせください

★グランド整形外科

・LINE写真カウンセリング

★シンデレラ美容外科

・LINE写真カウンセリング

★バノバギ整形外科

・LINE写真カウンセリング

・テレビ電話カウンセリング 

※今年8月までは受付していたようですが、現在も受付しているのか不明な為、お問い合わせください。

 

韓国に渡韓が難しい今、ラインでカウンセリングを受けれるクリニックが急増しているようです!

実は今回ご紹介させて頂いたクリニックはすべて私自身LINE写真カウンセリングを申請したことがあるクリニックをご紹介させて頂いたのですが、どのクリニックも日本語対応で丁寧なお返事がきました。

その中でも特にウォンジン整形外科は韓国でも大きなクリニックなだけあり、お返事がすごく細かく丁寧で一番参考になった印象があります。(個人の意見です)

ラインカウンセリングならお家にいながらカウンセリング巡りができる上、イベント等でLINEカウンセリングに参加すると特典や割引適用されるクリニックもあるので是非参加してみてください!

 

クリニックとのやりとりがめんどくさい!不安!カウンセリングを日本で受けたい!

そんな方は、まるっとカンナムドールに投げてもらって構いません!

無料で相談する