2020.09.08

サクセンダは韓国のクリニックが激安?日本のクリニックや個人輸入比較で徹底検証

#サクセンダ#ダイエット

売り切れ続出のサクセンダは、食欲をコントロールする今話題のダイエット方法です。
また、サクセンダは韓国、日本、個人輸入とその料金の相場は大きく異なります。

安全面も含めてそれぞれの特徴を比較しながら調べてみました。

ダイエットには様々な方法がありますが、最近特に話題なのがサクセンダです。
サクセンダとは少し耳慣れないフレーズですが、いわゆるGLP-1ダイエットです。
サクセンダをセルフで注射することにより食欲を抑制するというダイエット法となります。

日本では非常に高額なのですが、韓国では比較的手頃な価格で利用することができ、韓国では売り切れ続出しています。

サクセンダとは

サクセンダとは肥満治療のための補助剤として用いる、副作用の少ない食欲抑制剤です。
米国食品医薬局(FDA)、ヨーロッパ医薬品許可当局(EMA)、食品医薬品安全処(MFDA)の承認を受けており安全です。

メリット

その最大のメリットは食事制限をしないということにあります。
食事制限を用いたダイエットはリバウンドを起こしがちです。

しかしサクセンダを用いた場合、食欲を自然と抑制するためにそのストレスを感じることなく、無理なく体重を減少させることができるといわれています。

デメリット

サクセンダは薬剤であるため、やはり副作用のリスクはあります。
嘔気、嘔吐、食欲不振、胃のムカつき、倦怠感です。
また、肥満体質の方には根本的に見直す生活スタイルがあるため、サクセンダでダイエットに成功したとしても根治にはなりません。
一定期間、体重は落とせますがその後の生活改善は必要になってきます。

サクセンダの効果は?

サクセンダの減量効果はおよそ2週間ほどという臨床実験が報告されています。
その効果としては、基礎代謝が上がり、食欲を抑制した結果体重が減少するというものです。

 

サクセンダはどんな人におすすめ?

サクセンダは食欲を抑制する効果のある薬剤です。
食事に不規則な方、間食の多い方に向いているダイエット法になります。
例えば、食事の量の多い人や夜間や深夜に食事をする人などです。
またBMIが25以上の方や男性、運動習慣のある方は基礎代謝量が多いため効果が出やすいようです。

 

サクセンダの使い方

投与量は0,6mlの少量からスタートし、効果を判断しながら増量していきます。
計測期間は最低3ヶ月〜1年ほど。
目的として体内のGLP-1濃度を一定に保たせるということがあるので、毎日同じ時間に注射を打つということが大切です。

また、使用の注意は以下の通りです。

1.他のGLP-1受容体作動薬との併用禁止
2.サクセンダとインスリンの同時使用禁止
3.妊娠中、授乳中の使用不可

 

サクセンダ の日本と韓国の違いは?

サクセンダは日本でも韓国でも受けることのできるダイエット治療です。
実はアメリカや一部ヨーロッパでは承認されていますがアジアでは韓国でしか承認されていません。
日本においては糖尿病治療薬として認可されていますが、肥満治療薬としては未認可です。

また、美へ対する概念の違いからか処方条件も韓国の方がゆるいようです。
日本の場合はしっかりと医師の診察管理のもとで進めていく治療でBMIをもとに1日の量をコントロールしていきますが、韓国ではBMIを無視しているクリニックも多いようです。

日本より圧倒的に安い

韓国ではサクセンダ薬剤が非常に安価であることに間違いありません。
その考えられる理由はいくつかありますが、その一つはKDFEの認可済みで保険適応可能であるということが挙げられます。

二つ目はGLP-1ダイエットを行なっているクリニックも多く、価格競争が起きているため。

三つ目は違法業者から薬を仕入れている可能性があります。
韓国で治療を受ける場合は価格だけでなく信頼のおけるクリニックを選ぶということが大切です。

・韓国のクリニックで手に入るサクセンダの値段
1本11000〜25000円
3本35000〜60000円
5本50000〜95000円
10本110000〜200000円

・日本のクリニックで手に入るサクセンダの値段
日本のクリニックでサクセンダを購入する場合は、コース設定が多いようです。
日々の注射はセルフですが、医師の管理のもと安全にダイエットを進めて行きます。
1本50000〜120000円
2本110000円
3本150000円
5本350000円
となっています。

コース設定の場合は
1ヶ月120000円(3本)
2ヶ月200000円(6本)
3ヶ月270000円(9本)
4ヶ月340000円(12本)

日本のクリニックはあまり差がないように感じましたが、コース設定内容などで多少の差はあるようです。

・個人輸入代行のサクセンダの値段
サクセンダは個人輸入をしている方もいるといわれておりますが、当然のことながら自己責任となります。

1日の使用量や使用方法なども自分で調べる必要があるため、全くの初心者にはあまりお勧めできません。
また、輸入業者や薬剤についての信用性もしっかりと調べてから購入したほうが良さそうです。

3本 70000円
5本 80000〜370000円
「薬監証明」20000円が別途必要です。

 

韓国ではどこで、どうやって買えるの?

韓国のサクセンダの価格は日本と比べると数万円も安い設定となっています。
韓国処方の場合は旅費がかかってくるので、バランスを考慮しなければいけません。

韓国の場合も日本と同様クリニックで処方してもらいます。

GLP-1ダイエットを行なっているクリニックは多いのですが、その内容を熟知していないクリニックも存在するのでクリニック選びは慎重にしましょう。

また、クリニックにアポイントを取って診察をするのですがその際に言葉の壁があります。
サクセンダはセルフ治療になるので日本語対応しているクリニックの方が安心です。
また処方には毎回診察が必要になるので必要分を確実に購入した方が良いでしょう。
後日、追加輸送などは難しくなります。

 

クリニックと個人輸入代行の違い

クリニックと個人輸入の大きな違いは値段と安全性です。
やはり個人輸入は自己責任という大きなリスクが伴います。

値段と安全性を両方考慮すると韓国のクリニックが魅力的に思えます。
韓国と日本のクリニックの違いは値段が日本の場合圧倒的に高額です。

その代わり旅費がかからず、クリニックによっては遠隔診療も可能です。

しかしその値段の安さは韓国のクリニックは安く、続けやすさはあります。

確かに外国のクリニックを利用するのは言葉の壁やクリニックに対する評価がしにくいところはありますが、ある程度のクリニックには日本語対応のスタッフや、日本人スタッフが在中しているところも多いので心配はいりません。

また、韓国のサクセンダや個人輸入のサクセンダは中古品や偽物の可能性もあります。
クリニックは信用のできるところを選ばなくてはいけません。

 

他におすすめのダイエット薬はある?

GLP-1製剤であるサクセンダですが、他にもビクトーザという製剤があります。
GLP-1ダイエットを行なっているクリニックではこのどちらかを使用していますが、その違いとしてはビクトーザは糖尿病治療薬、サクセンダは抗肥満薬と使用目的が異なります。

ビクトーザにも痩身効果は見込まれますが、ダイエットとしてはサクセンダを使用する方が多いようです。

難しいとされているダイエットですが、サクセンダを使用すると自然に食欲を抑えることができ、ストレスなくダイエットを成功できている人が増えているようです。

しかし、やはり安全性が確認されているとはいえ薬剤を使用するのですから、しっかりとその仕様方法を守ってダイエットを進めるということが大切です。