2020.09.05

【韓国整形レポ鼻整形編】経験者が語る「私が韓国整形に成功した理由」

#韓国整形

韓国整形体験談ブログシリーズ、今回は、ソウルのクリニックで「鼻整形」をされた方です!

「なぜ整形を決断したのか」「なぜ韓国で整形したのか」「整形が成功した理由」を赤裸々に語ってくださいましたので、

ぜひ最後までご覧ください!

 


 

韓国での鼻整形レポ概要

この数年で、SNSを通して韓国での整形情報が、日本国内でも徐々に浸透しています。

筆者もSNSで見た美容整形にまつわる来日カウンセリングイベントをきっかけに韓国で鼻整形手術を受けました。 

自身の経験基に、今後韓国での美容整形を検討している・興味がある人の力になれるよう、私がなぜ韓国で鼻整形をしたのかまたその成功理由を公開します!

 

本題に入る前に軽く自己紹介させていただきます。

名前:Tiffany (イングリッシュネームです)

趣味:美にまつわるスポーツ、メイク、ファッション、旅行等々

過去に中国・アメリカに住んでいたこともあり他国の友人から美容情報を共有するのが好きな女の子です。

 

最初に韓国でどんな手術をしたのか簡単にお話しします。

   

韓国での鼻整形の手術内容

骨切幅寄せ、鷲鼻削り、小鼻縮小、プロテーゼ(2mm)

鷲鼻を削って鼻のラインを整える、大きな鼻を顔のバランスをよくするために鼻全体を縮小し自然な仕上がり、且つ綺麗に仕上げていただきました。

 

なぜ韓国で整形をする選択をとったのか?

理由は下記2点です。

①来日カウンセリングイベントに参加した時、カウンセラーさんの鼻のラインが自分の好みであり、且つ親身に相談にのってくれ、日本よりも費用を抑えられるから

②元々通っていたエステサロンのオーナーが韓国人で、その人から韓国の美容整形事情の話を耳にし、興味を持っていた。

カウンセリングイベント参加後、アメリカ留学時に仲良かった韓国人の友人に相談したところ、その子の妹さんもたまたま同じ病院で別の手術を受けていたことがわかり「自然な仕上がりを求めるならここの病院で受けるといいよ!」と意見を頂いたから

 

カウンセリングを始める前に通訳さんに問診票(過去の整形履歴や手術相談内容)を渡され、その時私は限られた予算内でとびっきり垢抜けたい。どんな手術が適しているか提案してほしいと記入しました。

問診票を基にカウンセラーさん(韓国語オンリー)、通訳さんと今回の相談内容をカウンセラーさんが、私の顔をじ~っと見ながら「鷲鼻ですね。ここを削ってラインを整えると垢抜けますね」と言い、そのあと私の鼻と顔のバランスのベスト比率を顔写真を基に、他にも組み合わせた方がいい手術名も教えてくれました。

カウンセラーさんがうちの病院は自然に仕上げることが得意ですとカウンセリングで会話を重ねていきながら、ここなら信頼できると感じたからです。

 

鼻整形にかかった費用

50〜60万円程度。人による。

*現金で支払ったため税金還付なしです。

 

上記以外で航空券代、ホテル代、食事代(約10日間)かかりました。

(現金で支払う場合とカード支払いで価格変動するクリニックもあるため、詳細を知りたい場合は各病院へ問い合わせください。また海外へ行かれる際100万円以上の所持は出国時申告が必要となります)

 

カウンセリングから手術の流れ

・カウンセリング~手術まで

鼻整形をすると決めたら、治療費の10%を予約金として支払いました。その際に手術日を決めました。ちなみに手術日の日時変更は無料で変更できるが、予約金の払い戻しはできないと言われました。また、病院の公式ラインアカウントを教えていただき、手術日が1か月頃になったら、持ち物手術に関する注意事項等連絡すると言われました。何かあったときはLINEから連絡してくださいと言われ、返信も早かったため、心配性の私にとって助かりました。

・手術について

手術は全身麻酔で行われたため、手術の8時間前から飲食禁止と連絡がありました。

ガム、飴もダメです。うがいはいいと言われました。化粧、ネイル、アクセサリーもダメです。

病院についたら通訳さんとカウンセラーさんと最後のカウンセリングを行い(鼻手術後の写真を見ながらこんなデザインでよかった?緊張してる?昨日は眠れた等々)その後、支払いをし、施術ベットへいき、看護師さんが鼻毛をすべて剃ってくれました。(恥ずかしかったです)。その後顔全体を消毒しました。

準備が終わると医者が現れ、自分の要望を通訳さんを介して伝えてくれました。

その後、睡眠薬が投与され眠くなりました。

(12月に大きな手術を希望される方はなるべく早めに予約することをお勧めします。私は12月月末に手術を約7か月前に押さえました。通訳さんも12月~1月は受験が終わり手術を検討する方が非常に多いため予約がとりづらいとおっしゃってました)

・手術後について

手術後は突然目が覚め、8時間以上飲食していないため、喉の乾燥が異常事態でした。周囲の看護師さんにCould you give me a water?って叫んでました・・・苦笑。

その後、通訳さんが来てくれ、何か違和感はないかと付き添ってくれました。1時間ほど休み、処方箋をもらったのでそれをもって、近くの薬局へ1人でいきました。

 

・ダウンタイムでの痛み(手術日を0日とカウント)

鼻の整形で一番辛いことは術後の鼻の詰め物です。私の場合、術後翌日の午後に詰め物を抜きました。その後は異物感以外感じることは特になかったです。(鼻をぶつける等除く)

詰め物を取り除くまでの術後の痛みを簡単に記します。

0日目

手術直後は麻酔が聞いているので平然と江南駅から新沙駅(約20分)まで地下鉄に乗り、宿泊所まで帰宅。鼻の出血を止めるため、綿を詰められているため呼吸・味覚が妨げられるため、食欲無。麻酔が切れてからは鼻に痛みが走り、横になる。夜中は2時間に1回自分のいびきでおきるという地獄かと思うほど辛い時間を過ごす。鼻の中にある血の塊が邪魔だと感じるが、触るのはだめといわれている&万一何か起きるのも怖いから我慢。

(喉を保湿してくれるマスクを着用してこの痛みです。喉を保湿する製品は持参することを強く推奨します)

1日目

午後に鼻の詰め物抜いてもらい、この上ない鼻呼吸の素晴らしさを感じる。消毒をしてもらい自分の鼻の高さを鏡で見たときはアバターやんと心の中で思った。(しかし思わず口に出してしたようで通訳さんに抜糸の際(1週間後)に徐々に腫れが落ち着きますよと言われた)

ダウンタイムはどのくらい?腫れを早く引かせるコツ

私は10日ほどで大きな腫れやあざもひきマスクを着用しながら、会社へいってました。

1か月ほどで鼻のラインも徐々に変化を感じ、2か月後には鼻を触っても違和感を感じませんでした。腫れの引き具合も個人差がありますが、私は比較的他の人よりも腫れがひくのが早いと通訳さんに言われたので、腫れを早く引かせたい方に共有したいことをお伝えします!

①とにかく水を飲む!

術後麻酔が体内に残り気持ち悪いという話を耳にします。体内から排出するためには排尿が一番です。且つ腫れを早く引かせるために水をたくさん飲むように先生に言われました。2ℓのペットボトルを持参し、宿泊所のウォーターサーバーを毎日利用してました。毎日3ℓくらい飲んでました。(笑)

②かぼちゃスープを飲む

かぼちゃはむくみをとる効果があります。また韓国人の方から術後はかぼちゃをなるべく摂取した方がいいと下記の製品を頂きました。現地のオリーブヤングやスーパーマーケット、薬局で手軽に購入できます。

③アルニカモンタナを摂取する

アルニカモンタナとは術後の腫れ、内出血などを抑える効果があるサプリメントです。

私は渡韓前にi-Herbというサイトで下記の製品を購入しダウンタイム中服用してました。

(URL:https://jp.iherb.com/search?kw=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A)

整形後ダウンタイムに必須!現役薬剤師が韓国の薬局で買える痛みや腫れに効くおすすめ市販薬を解説!

④とにかく歩く!!

冬の時期に、韓国で整形をされる方は外に出るだけで術部が冷やされるので、アイシングする必要がない、且つ歩くことは有酸素なので代謝があがり、腫れも引きやすくなるからです。私は、抜糸期間までの間一日平均3万歩歩いてました。

鼻整形が成功したと思う理由

今回の鼻整形の手術により顔が垢抜けました(鼻の印象は大きいことを再度実感)

化粧をするのが楽しくなりました。

また周囲から鼻が綺麗といわれることが増えました。

仲のいい子に手術のことを伝えたら、すごくナチュラルに仕上がったね。綺麗と言われTHE整形感がないのも満足の理由です。

整形が成功したカギ

整形を検討されている方は理想像はありますか?

理想像がある場合は好みのデザインを集め、言葉に起こしてみてください。

こういうデザインは好み。逆に○○のようなデザインは好まない。

特に強い理想像がある方はたくさん情報量を集めた方がいいです。

鼻の場合は1度の手術で理想的なデザインに仕上げられないと言われる話を耳にします。

 

理想像がない方(特に整形未経験)は、わからないことや不安が多々あると思われます。

そんな時はカウンセリングに参加し、様々な角度からの意見を参考にしてみるのもいいでしょう。

回数を重ねていくと徐々に自分がどういうデザインが向いているのか理想なのかわかるようになったと私は実感しております。

逆にカウンセリングに行き過ぎて、何が適しているのか彷徨うこともありました。

その場合には病院が主催するカウンセリングではなく、SNSで韓国で手術経験のある方に相談してみてはいかがでしょうか。

私の経験上ですが、韓国の病院は日本より押しが強いと感じる病院が多い印象です。

(中にはそうではないところもあります)

なのでその勢いで予約してしまう可能性もあるかもしれないです・・・。

他のカウンセリングがまだ済んでいないのに、そこで予約を済ませるのはまだ早いと感じます。

 

またあまりにも手術の要求が多い場合、全てできると答える病院にも懸念があります。

術後に、鼻整形を検討している友人の付き添いで、数件別の病院へカウンセリングに行きました。

その際友人の話をさらっと聞き「はい。全てできます」とあっさり言う病院があったり、一方であなたの理想に対して実際はここまで高さを出すのは難しいけど、この手術をしたいか?と親身に考えてくれる病院もあります。

自分の目と足で情報を集め、ここなら信頼できるという場所を見つけられたら整形成功の鍵につながるのでないのかと感じます。

 

どこの病院で鼻の手術を行ったか?

韓国(ソウル 江南エリア)のウォンジン美容整形外科で行いました。

手術前~アフターケアまで手厚くサポート頂きました。また日本に帰国し、術後半年にまた韓国へ行った際、経過観察どうですか?とむこうから連絡いただき先生に診察いただきました。しっかり診察してくださるので困ったことがあれば質問もしやすいなと思いました。

私の場合、韓国の知り合いがウォンジンさんでやってたのもあって手術前は不安等々はなかったです。

地下鉄の出口からまっすぐ歩いてすぐだったのでアクセスも良好です!

周囲には多くのお店があり楽しめる場所だと思います。

大きい病院な分、各手術担当の先生が決められてると通訳さんがおっしゃってたので、専門分野が決まってるのもあって手術の手際、技術、経験値は高いと思われます。

先生によって値段も変わってくる可能性があるので、どの先生が担当するか、きちんと確認しておきましょう。

 

おわり。